プロの技、教えます!二次会幹事マニュアル

二次会にプチギフトは必要?


「二次会にもプチギフトって必要?」というギモンに2次会KINGのプランナーがお答えいたします。

プチギフトとは?


引出物とは別に、お色直し入場時のキャンドルサービスの際や、結婚披露宴終了後のゲストのお見送り、二次会後などに、新郎新婦から感謝の気持ちを込めてゲストに手渡しで贈る小さなプレゼントのこと。プチギフトの内容も多様化しており、それぞれにさまざまな由来があります。ドラジェには「幸福・子孫繁栄・豊潤」、スプーンは「幸せをすくい取る」、箸は「幸せの橋渡し」、紅茶は「幸茶」、クッキーにはフルーツやナッツを加え「収穫・豊潤・繁栄」を。ジャムも同様の由来です。こういった特別な感謝の意味を込めたり、ゲストとコミュニケーションが取れるため、最近では定番になりつつあります。予算は1人300~500円程度。手渡すときは、新郎がギフトの入ったかごを持ち、新婦が1人ずつに感謝の言葉を添えて渡しましょう。

出典元:コトバンク



二次会には必要?


プチギフトをご用意されるかどうかは最終的に新郎新婦様のご判断になりますが、最近ではほぼ皆様ご用意になられています。何か特別な理由がない限りはご用意されるのが良いかと思いますが、ないと決していけないというものではないので、新郎新婦様でよくご相談下さい。

また、プチギフトとは別にサンクスカードをご用意される新郎新婦様もいらっしゃいます。新居を設けられた場合はその案内とあわせて、ご用意されてもいいかもしれませんね。




プチギフトを渡すタイミングは?


二次会ではお色直し入場時のあるケースが少ないので、お見送り時にお渡しいただいています。



最近では、個性的なプチギフトも


最近では「じゃがりこ」や「ブラックサンダー」など、お馴染みのお菓子のパッケージに新郎新婦様お二人の顔写真を印刷できるサービスもあります。

また、ゲストの身体を気遣ってか、それとも「この後もまだまだ飲みに行くぞ」というメッセージを込めてか、ウコンドリンクや栄養ドリンクなどをご用意される新郎新婦様もいらっしゃいます。

その他、手作りでクッキーなどをご用意される新郎新婦様もいらっしゃいますし、個性的なプチギフトをご用意される新郎新婦様が増えてきました。




まとめ


・二次会でもプチギフトを用意される新郎新婦様がほとんど。ただし、最終的には新郎新婦様のご判断。

・せっかく用意するなら個性的なものをご用意されるのも◎



2次会KINGフリーダイヤル0120-987-282